DIYで賃貸住まいをオシャレにする。インテリアとDIYの総合サイト

  • FaceBook
  • Staff Blog

【作り方】ワンルームの生活感を消す木でできたパーテーション

パーテーションの手順

  • 1-1 STEP1-1

    【ベースを配置する】
    何の変哲もない6畳のワンルームです。玄関を開けて廊下の左右にキッチンと浴室が向かい合う間取り。ドアを一枚開けるとこんな感じ。
    ベース材を床に置きます。ベース材には、四角形の木片が打ち付けられており、この凸部分に「つみっく」をはめ込んでいきます

  • 2-1 STEP2-1

    【一段目をつくる1】
    一段目の「つみっく」をはめ込んでいきます。規格サイズのベーシックな「つみっく」以外のパーツは、特注品です(詳しくはhttp://tsumico-club.com/まで)

  • 2-2 STEP2-2

    【一段目をつくる2】
    「つみっく」の下部、裏側はこんな風になっています。この凹みにベース材のでっぱりがはまるわけです。まさにレゴブロックと同じ構造ですね

  • 2-3 STEP2-3

    【二段目をつくる1】
    サイズの違う「つみっく」をはめ込み、ニッチを作りながら二段目を作成。角の部分は互い違いになるように組みます。

  • 2-4 STEP2-4

    【二段目をつくる2】
    テレビ用のニッチ部分です。これも、下部は「つみっく」と同じように凹凸があり、置くだけでぴたりとはまる構造になっています

  • 2-5 STEP2-5

    【二段目をつくる3】
    ベッドヘッド側には、小物を置けるオープン棚を取り付けました。背板がなく両方から物が取れて便利!これもはめるだけです

  • 2-6 STEP2-6

    【三段目をつくる1】
    三段目を組みます。入りが悪い時は、ゴム鎚で軽く叩き入れますが、ほとんど必要ありませんでした。軽い力ではまっていきます

  • 2-7 STEP2-7

    【三段目をつくる2】
    三段目まで入りました。ここまでの作業、わずか20分!
    中空構造なので軽いです。標準サイズのつみっくで、空洞1本当たりの重さが1キロ。空洞が2~6本、5種類の ブロックがあります。それぞれ2~6キロの重さです。

  • 2-8 STEP2-8

    【三段目をつくる3】
    トップ材をはめます。トップ材は、「つみっく」の凹みに合わせた位置に出っ張りが付けられています

  • 3-1 STEP3-1

    【補強する1】
    数カ所をネジ留めします。ドリルで下穴を開け、インパクトドライバーでねじ込みます

  • 3-2 STEP3-2

    【補強する2】
    念のため、耐震用にかすがいとして角材を斜めにネジ留めしました。これで万一の時にも倒れる心配はないでしょう

  • 4-1 STEP4-1

    【ベースを仕上げる1】
    ベースの形ができました。一応木工をやっているのに、木屑も騒音もでないなんて変な感じ!今回、ノコギリも紙ヤスリも未使用です

  • 4-2 STEP4-2

    【ベースを仕上げる2】
    つみっくの壁の外側に、タッカーでベニヤ板を打ち付けていきます。壁紙を貼るために表面を滑らかにします。
    ナチュラルな木目が好きな方はベニヤなしで完成です

  • 4-3 STEP4-3

    【ベースを仕上げる3】
    完成!わずか30分で木製の自立する壁面ができました。
    あとは壁紙を貼ってデコレーションしていきます

  • 5-1 STEP5-1

    【壁紙を貼る1】
    壁紙用糊を塗ったら、紙が伸びるまで、10分程度のオープンタイムをおきます。100円ショップの糊刷毛なので毛抜けがひどいですね…
    リスタさんというネットショップでレンガ壁紙を購入。リアルなプリントは感動ものです!しかも1メートル299円と、かなりお買い得!

  • 5-2 STEP5-2

    【壁紙を貼る2】
    中心から空気を押し出すようにスケッパーで撫でながら貼ります。スケッパーは100円ショップのもの。端はカッターで落とします



  • 5-3 STEP5-3

    【壁紙を貼る3】
    柄合わせして貼り合わせて完成!この壁に、棚受け金具で棚を設置しました。
    棚の作り方はこちらを参照して下さい。

  • 5-4 STEP5-4

    【壁紙を貼る4】
    ベッド側は、思い切ってこんな派手な壁紙をチョイスしました。空間のイメージをガラリと変えられるのも壁を立てるメリットです

完成です!

壁を境に印象の違う二つの空間を作りました。表側は大人っぽくバーのイメージ。 クリップライトをプラスすると、さらにムーディーです。裏側は、ちょっとエロスなモノトーンの寝室に。 派手に見えますが、秘密基地のようで思いのほか居心地のよいベッドルームになりました。 つみっくは木製なので、釘を打ったりするのも思いのまま。自由にカスタマイズできるのでとても楽しいですよ! 穴をあけてテレビや照明の配線を通して、裏側に出す事もできました。
今回のベッドパーティションの作り方の詳しい図面等については「つみっ庫くらぶ」のホームページを参照してください。

完成です!

←前のページに戻る

この記事が「ためになった」らツイート&いいね♪をお願いします^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加