DIYで賃貸住まいをオシャレにする。インテリアとDIYの総合サイト

  • FaceBook
  • Staff Blog

【作り方】オーナメントボールの作り方

オーナメントボールの手順

  • 1-1 STEP1-1

    発泡スチロールは画材店、ホームセンター、手芸用品店で入手でき、穴が最初から空いているものある(1個50円程度)。 ペーパーマッシュは堅さが適度でおすすめ(東急ハンズで購入、8個1,365円)。 木球はヒートンを付ける手間があり、ツリーに強度が必要となるが木目を生かした図案も作れる(1個300円程度~)。
    ジェッソは、ほぼどんな素材にも塗れ、乾くと耐水性になる白色下地。一番小さいサイズ50ml399円で14個作成可能。アクリルガッシュは乾くと耐水性でマットな質感になる絵の具。水彩や油彩と違い、画面上での混色はほぼできないが、ムラなく塗れる。速乾で耐水性になるので、すぐ触ることができ球体を描くのに向く。

  • 2-1 STEP2-1

    絵の具の定着、発色をよくするためジェッソを塗って下地を作ります。重ね塗りすることで堅さも得られるので、発泡スチロールの場合は3回以上塗るのがおすすめ

  • 2-2 STEP2-2

    割り箸やクリップなどを工夫して、こんなハンガーを作っておくと便利。アクリルガッシュはどんどん乾くので、すぐ置くことができますが、ジェッソは多少時間が必要

  • 2-3 STEP2-3

    紙から球体に写すのは難しいので、下書きは鉛筆フリーハンド。蔦模様デザインの縦線だけを簡単に入れています。できるだけ等幅に入れますが、大雑把でかまいません

  • 2-4 STEP2-4

    消しゴムは使えますが、下地が汚れていくので、あまり失敗したらジェッソを塗ってやりなおします。発泡スチロールの場合は、強く消しゴムをかけるとへこむので注意

  • 3-1 STEP3-1

    絵の具を作ります。広い面をベタで塗る色は1~2色の簡単な調合にする(多数の色を混ぜない)。はみ出た部分を直す際、後で再び必要になった時、再現が難しいため

  • 3-2 STEP3-2

    水と絵の具の割合は、基本的に1:2ですが、細い線を描く際は水を多めにして伸びをよくします。左のゴールドや黄色など、粒子が粗い、または透けやすい色は水を少なめに

  • 4-1 STEP4-1

    広い面は平筆で。クリスマスカラーで赤と緑…といきたいところですが、ツリーが緑の場合、緑は存在感ゼロです。思い切ってカラフルにいきましょう!

  • 4-2 STEP4-2

    下書きが見えなくなったのでもう一度描きました。明るい色なら鉛筆はやや透けて見えます。濃い色を塗る場合、先に紙の上で鉛筆描きの上に色を塗ってみて実験して下さい

  • 5-1 STEP5-1

    下書きしたラインに金色を塗りました。紙の上で描いたデザインでは葉っぱを描いておわりなのですが、どうも寂しくなりそうなので、模様を追加してみます

  • 5-2 STEP5-2

    この作業、その場で図案を考えながら進めています。最初のデザインはざっくりとしたイメージのみにし、後は色を付けた結果を見ながら決める方がまとまっていきます

  • 5-3 STEP5-3

    当初予定していたツタ部分の葉っぱを入れてみましたが、やはり寂しいので、デコラティブなレース模様を入れる方向に転換しました。どんどん描きいれていきます。

  • 5-4 STEP5-4

    こういうデザインは手数が勝負なので、適当でも模様を沢山入れていきます。あまり等間隔にこだわらずとも問題なし。球なので、一度に見える面さえ整っていればOKです

完成です!

完成です!

←前のページに戻る

この記事が「ためになった」らツイート&いいね♪をお願いします^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加