DIYで賃貸住まいをオシャレにする。インテリアとDIYの総合サイト

  • FaceBook
  • Staff Blog

壁を塗り放題、ビス打ち放題。
そんなマンション見つけました

壁を塗り放題、ビス打ち放題。<br />そんなマンション見つけました

賃貸だと、壁にネジや釘を刺すことを禁じている物件は多いです。どうせ退居時に壁紙は張り替えるのに、なぜ刺してはいけないのでしょう。毎月何万円も家賃を払っているからには、賃貸だって自分の家だと思いたいし、住む人に合わせて家もカスタマイズしたいですよね。
アメリカでもヨーロッパでも、住む人がペンキを塗ったりタイルを貼ったりは当たり前。賃貸でも分譲でも、同じです。日本もDIYしまくれる物件が、もっと増えればいいのに!
そんな思いを抱いているのは、住む人だけではありません。最近、DIY可能物件は少しずつですが増えている印象です。(文:金曜大工 2015年11月6日)

  • 問題は壁紙の下。<br> 石膏ボードはビスが効かない

    問題は壁紙の下。
    石膏ボードはビスが効かない

    ほとんどの集合住宅の壁には、軽く、防音・断熱性があり、安価な石膏ボードが使われています。しかし石膏ボードには釘やビスが効きません。石膏ボードは、穴を開けるとボロボロに崩れてしまうのです。壁紙だけなら張り替えが簡単で、時間も費用も負担が軽いですが、石膏ボードの張り替えや補修は大変。だから、釘やビスを刺してはいけないのです。ボードの下にある柱を狙えば、ビスや釘が打てますが、素人には難しく、打てる場所もごく限られています。

    画像出典:http://home.vke.lk/

  • そんな扱いにくい素材を<br>なぜ使うの?

    そんな扱いにくい素材を
    なぜ使うの?

    ではなぜ石膏ボードが使われるのかと言うと、安さや防音性だけが理由ではありません。石膏ボードの最大の特長は、優れた耐火性。もし火事になっても、隣室への延焼を防ぐという重要な役割を担っています。複数戸が入居する集合住宅においては、必須の素材と言えるでしょう。例えば石膏ボードをすべて取っ払って、板壁にするというのは、リスクが大きすぎるのです。

    画像出典:グローバルホーム株式会社

  • じゃあ、石膏ボードの上に<br>板を貼ったらどう?

    じゃあ、石膏ボードの上に
    板を貼ったらどう?

    板壁なら、色んなことができますね。棚を自由に設置して収納を増やしたり、スピーカーを壁付けにしたり、テレビを壁に埋め込んだり。写真のように、自転車を壁掛けにすることも。夢が広がります!壁一面だけでも、板壁ならいいのに。
    さて、そんな願いを叶えてくれる物件が、実はありました。

    画像出典:single-speed.co.uk

  • 塗っても穴を開けてもいい<br>マンションが、浅草橋にあった!

    塗っても穴を開けてもいい
    マンションが、浅草橋にあった!

    先日発表された、東京浅草橋の新築マンション『インプレストコア浅草橋』が、まさにこのコンセプトなのです!住みながらどんどんカスタマイズしてゆける、DIYしやすいベース空間がウリ。
    各部屋に、下地に板を貼った壁があります。この部分は、いくらビス穴を開けても塗装してもOK。画像は3つの基本スタイルのうちの一つ「ホワイトキャンバス」。壁は塗装して自分の色に染められます。

  • 1人~2人暮らしサイズ。<br>こんな部屋もある

    1人~2人暮らしサイズ。
    こんな部屋もある

    天井の配管がむき出しで、秘密基地っぽい部屋。通常は、この配管を隠すために天井にもう一枚板が張られます。しかし、それをやると天井が低くなってしまうのです。この部屋は、あえて配管むき出しによって空間の大きさをとっているのです。分譲マンションにはあまりないデザインです。

  • 収納は増やし放題! <br>趣味も充実しそう

    収納は増やし放題!
    趣味も充実しそう

    写真の場所は、本来は何もないスペース。DIYで棚を設置した例です。靴の多い人は靴箱に、服の多い人はクローゼットに、楽器が趣味の人は楽器スペースに、アクアが趣味の人は水槽スペースに。住む人に合わせた生活空間にできるって、本当に素晴らしい!できることが増えるから、人生すら変わる気がします。

  • テーマは「暮らしを編集する」

    テーマは「暮らしを編集する」

    デザイン監修は、建築家でありながら「東京R不動産」という不動産サイトも運営している馬場正尊氏。「東京R不動産」は、リノベーション物件、DIY可能物件、内装工事前のスケルトン物件、難あり物件など、ちょっと変わった物件ばかり掲載しているメディアサイトです。自由に家に手を加えながら暮らすアメリカの賃貸文化にインスパイアされ、日本でもリノベーションやDIYを広めたい、隠れた需要に応えたいという思いで活動されています。10月4日に浅草橋で行われた馬場氏のトークセッションでは、ニューヨークの賃貸事情や活動の思いが語られました。

  • 6駅使える都心の便利さと<br>下町の穏やかさの融合

    6駅使える都心の便利さと
    下町の穏やかさの融合

    ロケーションがとてもいい。東京に暮らすなら、浅草橋はけっこう穴場です。JR「浅草橋駅」から徒歩6分。都営地下鉄「浅草橋駅」から徒歩5分。馬喰町駅、秋葉原駅、御徒町駅、蔵前駅も徒歩圏内です。

この記事が「ためになった」らツイート&いいね♪をお願いします^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加